友人から借金の保証人になって欲しいと頼まれましたが・・・


友人からの借金の保証人の依頼、なかなかお返事にお困りのことと思います。しかし、保証人になるということは非常に重い責任を背負うことです。保証人とは、借主が借金を返済できなくなった場合に借主の代わりに借金の返済をする責任を負う人をいいます。なお、保証人となる契約は、貸主と保証人であるあなたとの契約です。友人から保証人になることを依頼されたとしても、一度保証人になってしまったら、その責任から逃れることはとても困難です。たとえ、友人が「絶対に迷惑を掛けない。」と言ったとしても、貸主には通用しません。保証人になったことで財産すべてを失うケースも少なくありません。したがって、友人からの依頼であっても、場合によっては断る勇気が必要かもしれません。

また、友人は既に借金の返済に追われている状況かもしれません。友人の状況をよく聞き、場合によっては、借金を整理するなどのアドバイスをした方がよいかもしれません。

もし、なんらかの事情で借金の保証人になる場合は、債務の内容等をしっかり把握することが重要です。友人があなたに保証人を頼まなければならない差し迫った事情だけでなく、借金額・返済期日・利息・貸主の素性等をしっかりと把握してください。契約内容等の把握は、契約書をよく読むことが大事です。分からないことは、借主である友人から話を聞くだけでなく必ず貸主からも話を聞くようにしてください。くれぐれも安易に保証人になることはやめましょう。理解や納得ができないことがある場合は、司法書士など法律専門家にご相談されることをお勧めします。

司法書士に相談する
司法書士を検索する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です