住宅ローンを完済しました。何か登記手続が必要ですか?


 長期にわたる住宅ローンの返済、ご苦労様でした。

完済されましたら、速やかに抵当権抹消登記をしておく必要があります。(この抹消登記は、自動的になされるものではなく、金融機関と担保の不動産の所有者が共同して、登記手続をする必要があります。)

 もし、この抹消登記をせずに放置してしまうと、担保権者であった金融機関が組織再編等をした場合、商号(会社の名前)や本店(会社の住所)が変わってしまい、登記手続に必要な書類が増えてしまうことがあります。
また、所有者側でも、その後に所有者が亡くなってしまい、登記手続に必要な書類が増えることもありますので、お早目に抹消登記をしておくことをお勧めいたします。

 なお、住宅ローンの完済前に担保不動産の所有者が亡くなっているときは、先に所有者の相続登記の手続をしてから、担保の抹消登記をする必要がある等、担保抹消の登記にも様々なケースがありますので、詳しくはお近くの司法書士にご相談下さい。


司法書士に相談する
司法書士を検索する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です