友達に貸したお金が戻ってきません。どうすればいいでしょうか?


まず友達とよく話し合って下さい。それでも返してもらえない場合は仕方がありません。法的手続をとるしかありません。

どうしても返してくれないからと言って、その友達の家族の方に代わりに返せと言ってみたり、夜中にしつこく電話をかける、または強面の知り合いに頼んで、返すように強く言ってもらう、あるいは借金のかたにその友達の持ち物を勝手に持ってくるなどは絶対にしてはならないことです。あなたが犯罪者になってしまいます。あなたはあくまで法的に対処する必要があります。

話し合いで解決できない場合は、まず、内容証明郵便で支払うよう請求します。これは郵便局が配達したことと、その手紙の内容を証明してくれるもので友達がそんな手紙は受け取っていないと言えなくなくなります。これは後でおこす裁判の証拠の1つとなります。内容証明郵便で請求しても払ってくれなければ、いよいよ裁判所を利用することになります。

どの手続を選択するかによって訴える裁判所が決まります。また、その方法も調停(話し合い)あるいは通常訴訟でいくか。さらに、貸したお金が60万円以下であれば、原則として1回の期日で審理が終了する少額訴訟でいくか。友達があなたの言い分(貸したお金を返していない)を争わない場合は書面審査のみの督促手続でいくかなどがあります。いずれにしても司法書士などの法律専門家にご相談下さい。

司法書士に相談する
司法書士を検索する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です