先日、知人から田舎の土地を金200万円で買いました。代金は支払いましたが、登記は後日してくれるということで現在に至っております。その土地は現在私が使っていますが、登記をしなくても問題はないでしょうか?


結論から申し上げますと、一日も早くあなたの名義に登記されることをお勧めします。登記をしておかないと、あなたがこの土地を買っていることを知らない第三者が知人からその土地を譲り受けてあなたよりも先に登記をしてしまうと、あなたの「この土地は自分が先に買ったから自分のものだ」という主張がとおらなくなるのです。(これを登記の対抗力といいます。)

これ以外にも知人に多額の借金があり、その返済に行き詰ってしまったような場合、その土地の登記名義が未だ知人のままの状態であれば、債権者から差押を受ける恐れがあるなど最終的にその土地が自分の物にはならない可能性もあります。また、知人が死亡した場合には、その相続人に登記の協力を求めることになりますが、相続人が「そんな売買のことは知らない。」などと言って登記に協力してくれない場合は裁判をおこすしかありません。その他にも知人が重度の認知症になったり、交通事故で意識不明の状態になった場合、あるいは行方不明になった場合などは、手続は複雑なものになります。

したがって、冒頭申し上げたとおり速やかに登記をして下さい。手続など分からない点があれば司法書士など法律専門家にご相談下さい。

司法書士に相談する
司法書士を検索する



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です