不動産の売買を考えています。売主から買主に名義変更(所有権移転登記)をするために必要な書類について教えてください。


 不動産売買による所有権移転登記の必要書類は、原則として以下のとおりです。

1.売主の登記済権利証又は登記識別情報
2.売主の印鑑証明書
3.買主の住民票
4.不動産の固定資産評価証明書
5.登記原因証明情報(売買契約書、売渡証書等)
6.委任状(司法書士に登記手続を依頼する場合)

 所有権移転登記を申請するには、登記申請書を作成し、上記の必要書類を添付して、管轄法務局に提出することになります。(申請書類へ捺印するために、売主の実印、買主の認印が必要です。)
 なお、売主の現住所が、売買する不動産の登記簿に記載されている住所と異なっている場合には、所有権移転登記に先立ち住所変更の登記が必要となります。また、売買する不動産が農地のとき、或いは売買の当事者に意思能力がないときなど、事前に別途の手続及び追加の添付書類が必要となる場合があります。

 不動産の売買による所有権移転にも様々なケースがあります。詳しくは、お近くの司法書士までご相談下さい。

司法書士に相談する
司法書士を検索する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です